月別: 2018年5月

飲むヒアルロン酸

飲むヒアルロン酸というものをご存知でしょうか。この飲むヒアルロン酸というのは、いわゆるヒアルロン酸のサプリメントになります。ヒアルロン酸は関節痛を緩和し、美肌効果を期待することができるといわれているのですが、経口摂取、つまり飲むタイプのヒアルロン酸によって人体において有効であるという信頼できるデータはないようです。

サプリメント安全性についてですが、使用しているヒアルロン酸の原料にもよりますが、基本的には安全性のあるもので、体に悪影響が出るようなものは使用されていないでしょう。ヒアルロン酸のサプリメントを販売しているサイトなどには、ヒアルロン酸を摂取することで、体内によるヒアルロン酸の量が増えるとは書かれていないことがほとんどです。少なくとも質の良い、良品を販売しているサイトであれば、ヒアルロン酸をサプリメントで摂取することで、体内におけるヒアルロン酸の量が増えるなんてことはまず書かれていないのです。

ヒアルロン酸は実際に美肌効果はあるのですが、それをサプリメントなどから摂取したからといって体内のヒアルロン酸の量が増えるわけではないということを理解しておかなければなりません。もちろん、毎日ヒアルロン酸を摂取したからといってそれだけでお肌がプルプルになるというわけでもないのです。

{ Comments are closed }

ヒアルロン酸と化粧品

保水性が抜群とされるヒアルロン酸ですが、このヒアルロン酸は化粧品業界においても非常に注目されています。ヒアルロン酸を含んだ化粧水というのは、お肌を乾燥から守ることができます。しかし、高分子であるヒアルロン酸というのは簡単に細胞に取り込まれると思われがちです。

化粧水化粧品のCMなどにおいても、ヒアルロン酸が細胞と細胞の間にすーっと浸透していく、というような表現がされていることもあります。しかし、実は簡単にはヒアルロン酸は細胞の間に浸透していくようなことはありません。人間の皮膚というのは外部からの異物を体の中には侵入させないように作られています。そのため、体の中に簡単に高分子化したヒアルロン酸などが入っていくことはないのです。

しかし、ヒアルロン酸入りの美容液などが一切効果がないのかといえばそうではありません。洗顔後に皮膚は自分のお肌の皮脂をプラスしようとしますので、洗顔後にヒアルロン酸が入っている化粧水を使用し、水分を皮膚と細胞の間に与えたうえで、油分を含んだ美容液などを使用するとお肌の潤いを維持することができます。

このようなヒアルロン酸の使用法であれば、自宅などでもヒアルロン酸の持つ効果を最大限に引き出すことができます。

つづいて飲むヒアルロン酸について紹介します。

{ Comments are closed }

ヒアルロン酸の成分

ヒアルロン酸の成分は具体的にいえばN-アセチルグルコサミン、そしてグルクロン酸によって構成されている高分子の物質になります。しかし、もともとは、眼球の中に詰まっている硝子体の成分の1つとして発見されました。性状として、粘性の高いもので、皮膚、筋肉などを構成している主成分になっています。

肌美人人間の体を作っているのは数え切れいないほどたくさんの細胞なのですが、この細胞同士をくっつけあって、細胞同士が勝手に離れてしまわないようにしている結合組織を構成する成分なのです。人間が人間らしい形を維持するうえで、この成分は絶対に欠かすことができません。もしも結合組織がなければ人間の体はバラバラになってしまいます。

このヒアルロン酸が不足しているのか、それとも十分にあるのかによって、お肌の見た目の潤い感などは全く違ってくるのです。お肌を潤いのある状態にするためにヒアルロン酸を注射や化粧水、美容液から摂取しようとするのはそのためです。他にもヒアルロン酸のサプリメントで摂取する方法もあります。ヒアルロン酸を補給する方法というのはさまざまありますが、短期間ヒアルロン酸を補給すれば良いというものではなく、長期的にヒアルロン酸の摂取を続けなければなりません。どのような方法でも、ヒアルロン酸を補給することによる美容効果というのはやはり魅力的なのです。

つづいてヒアルロン酸と化粧品について紹介します。

{ Comments are closed }

ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸ヒアルロン酸というのは美容整形において頻繁に使用されるものです。目の下の皮膚というのは非常に薄いですので、目の周辺の皮膚にはシワができやすくなります。この目の周辺のシワに対してヒアルロン酸を注入することでシワを薄くすることができるのです

ただしこの場合には、大きなシワではなく細かいシワに対して効果があります。年齢を重ねることによって目の周辺にシワが増えたり、目の下が垂れ下がってクマがひどくなったりすることもあります。そのような部分に対してヒアルロン酸が効果的なのです。ただし使用するヒアルロン酸の粘度によって、仕上がりは違ってきます。

例えば、細かいシワに対して粘度の高いヒアルロン酸を注入すると、細かいシワを取り除くことができても、今度は重さで深いシワができてしまうことがあるのです。その一方で硬いヒアルロン酸は長持ちしますので、クリニックなどによっては長持ちするヒアルロン酸を全面的にアピールしていることがあります。しかし、それは細かいシワではなく深いシワをつくるリスクがあるということを理解しておかなければなりません。

ヒアルロン酸の安全性というのは身体の中にもともとある成分ということが安全性の根本になっています。そのため、自然と新陳代謝によって代謝されるのが普通です。そうにもかかわらず、長持ちするというのはある意味おかしなことなのです。安全性が高くなおかつ効果を得られるヒアルロン酸を使用しているクリニックなどで注入するのが理想的なのです。

それではまずヒアルロン酸の成分について説明していきます。

{ Comments are closed }